スタートアップワールドカップ2018 決勝壮行会

先日4月20日、ランドロイド・ギャラリーにて、スタートアップワールドカップ2018の決勝大会に向けた壮行会がとり行われました! 

スタートアップワールドカップは、米国シリコンバレーを拠点とする投資会社フェノックス・ベンチャーキャピタルが主催するイベントで、予選を勝ち抜いた世界27か国の代表が競い合います。セブンドリーマーズは、2017年秋に行われた日本地区大会で優勝し、日本代表としてシリコンバレーでの決勝大会にのぞみます。 

【写真】左端:FenoxVC CEOのアニス・ウッザマン氏、左から2番目:インフォテリア代表取締役社長の平野洋一郎氏、中央:セブンドリーマーズ代表取締役社長阪根、右から2番目:ユニファ代表取締役社長の土岐泰之氏、右端:経済産業省新規事業調整官の石井芳明氏 

まずは代表阪根が改めて、会社説明とランドロイドの紹介をしました。実演もさせていただき、折りたたみが完了した際には、「お〜」という歓声とともに、たくさんのメディアの方がカメラを構えておりました。 

今回の壮行会はフェノックスが主催してくださり、登壇者には弊社阪根の他に、フェノックスCEOのアニス・ウッザマン氏、インフォテリア代表取締役社長の平野洋一郎氏、ワールドカップ前回大会優勝のユニファ代表取締役社長の土岐泰之氏、そして経済産業省新規事業調整官の石井芳明氏がいらっしゃいました。 

壮行会後半には、ウッザマン氏がモデレーターとなり、「日本のスタートアップがグローバル化するために」をテーマにパネルディスカッションを行いました。 

ランドロイドブログを読んでいただいている方は、起業やイノベーションに興味のある方が多いかと思いますが、関連して特に印象深かった点は3つです。 

まず一つ目に、スタートアップワールドカップへの参加はほとんどの国で政府がサポートをしています。なぜなら、スタートアップ育成に力を入れている国は多く、この大会で成果を出すと、資金調達や全世界に会社を発信出来るためです。経済産業省の石井氏によると、日本でもエコシステムは整ってきており、政府として今後日本企業がグローバルに活躍できるよう展示会への派遣サポートなど行なっていきたいということです。 

二つ目に、日本企業がこういった世界大会に出る上で壁になるのが、言語だという点です。これはウッザマン氏もおっしゃっていましたが、世界中からレベルの高い製品やサービスがエントリーしています。そのため、いかにアピール出来るか、質疑応答が明解であるか、という点もとても重要なのです。 

その点では前回優勝者である土岐氏は、ご本人も英語でのプレゼンには苦労されたそうです。シリコンバレーのプレゼン上手な経営者に混ざって練習回数を重ねることで、上達したとのこと。世界で戦っていく上では、まず乗り込んでみるという気概がとても大切なようです。 

そして三つ目に、スタートアップ全般に、大企業との提携が難しいという課題があります。この点についてはウッザマン氏から、すでに提携に成功している弊社阪根へそのコツについて質問が投げかけられました。 

阪根の回答は、①キーマンへ直接アプローチすること。②成果物を提示すること。③特許など可能な限り出しておくこと。 

得てして世の中にまだ普及していない製品やサービスを持ち込むことが多くなるスタートアップ。できる限り決定権を持った方に直にアプローチし、自社製品やサービスをきっちりプレゼン出来るよう準備することが重要です。 

最後に、スタートアップワールドカップは昨年から今年にかけて参加国も企業も増加しています。さらに日本企業のレベルは、昨年ユニファが優勝したように非常に高いそうです。自分たちは応募出来ないのではないか、と考える企業も多いようですが、ウッザマン氏や土岐氏は前向きに挑戦してほしいと言います。自信満々にプレゼンしているのでCEOに詳しく話を聞いてみたら、実はまだ売上は立っていなかった、なんてことが海外ではよくあるそうです。こういった大会を、知名度上昇や資金調達のチャンスと考え、トライしてみることが大切ですね。 

世界大会の様子も後日紹介させていただきます。まずは、日本代表として優勝を目指して頑張ってまいります! 

 

■ランドロイドブログ
http://laundroid.blog/  

■Wantedly
https://www.wantedly.com/companies/sevendreamers#_=_  

■Facebook
https://www.facebook.com/laundroid/  

■Twitter
https://twitter.com/laundroid_0?lang=ja  

■Peatix ※イベント随時実施中です!
https://7d-coinnovationbase.peatix.com/view